取扱説明書をアップロードしました。

AZPR EvBoardについての情報です。
取扱説明書とダイアグプログラムを掲載しました。
AZPR EvBoardのページ

ダイアグプログラムについては、書籍版(xc3s250e)とパッケージ版(xc3s500e)で異なります。
基板を実際に製作される方は、おそらくあんまりいないと思っているので、通常はパッケージ版のダイアグプログラムを使用されるかな と思います。
書籍版のダイアグプログラムを使用される方は、出版社のサポートページに情報があります。